人間は競争しなければいけないか、真面目に考えてみる。

自信をつける
スポンサーリンク

人の足を引っ張りあうような世の中に疲れていませんか。

今日は、『競争』について考えてみます。

人間は生まれたときから激しい競争の中にいます。勉強や仕事を通しても厳しい競争に晒されていると感じている人は少なくないと思います。

競争の中では人間は常にストレスを感じることになります。他人と比較され、自分は優位であることをアピールし続ける、あるいは結果を出しつづける必要があります。

競争が好きな人もいるかもしれません。むしろその方がやる気が出るという人もいます。しかし、競争の中で比較されたく無いと感じる人も多くいることでしょう。

そもそも競争は必要な事なのでしょうか?

『弱肉強食』

この言葉が表す通り、強いものが弱いものを淘汰し、遺伝子的に優位な系統を残そうという自然の摂理があります。これは競争を行うもっともな理由です。

しかし、この考え方を突き詰めてしまうと、最終的に一人の最強の人間以外は必要の無い存在となってしまいます。世の中は一人の人間だけの力だけで何とかできるほど簡単ではないことは明らかです。

ここでまた考えてみましょう。競争と言われたときにどんな競争を想像しますか。

かけっこでの競争?国語・算数・理科・社会での競争?出世競争?普段何気なくやっているゲームなどもある意味他人との競争の要素が含まれていると思います。

競争と言ってもジャンルは様々あるのです。

あなたは、今まで競争をしてきた中で得意だったものもあれば、苦手だったものもあるでしょう。しかし、逆にその得意・不得意が分かったのは、他でも無い競争を行ったからなのです。

だんだん見えてきましたね。競争が必要な理由、それは自分の力を知るためです。

人は競争を通して、自分の立ち位置を把握します。自分の能力を理解します。そして、その後の自分の進路を決定するための材料とするのです。

もう一つ着眼点があります。競争のジャンルはたくさんあると言いました。これは正直探せば無限にあると思います。世界は広いですから。

つまり、あらゆる競争を経験すれば、確実にあなたが一番になれる競争を発見することができるはずです。もし発見できていないとしたら、今あなたがすべき事は、あらゆる競争に参加することです。

競争が必要な必要なもう一つの理由は、自分の一番を見つけるためなのです。

どうでしょう。いままで競争に嫌なイメージを持っていた人もいるかもしれませんが、案外悪いものでは無いと思えるのでは無いでしょうか。

競争に負けてもいいんです。それによって自分を知ることができたんですから。それでも、競争の舞台に上がりつづければ、きっと輝かしい将来が開けてくるはずです。

 

コメント