株式投資を始めてゲームをしなくなりました。

投資
スポンサーリンク

ゲームをやった後に罪悪感を感じるようになりました。何なんでしょう、あの気持ち。

こんにちは、しましまです。

今日は、私が株式投資を始めて大きく変わった事についてお話しします。

それは、ゲームをしなくなりました

本当はゲームが大好きで、始めると何時間でもできてしまいます。

特に好きなゲームは『信長の野望』などの戦略シュミレーションゲームです。

奥が深いゲームなので何時間でもできてしまうんですよね。

ゲームをしている時間がもったいないと感じた

株式投資を始めて、その投資で失敗して、勉強する事の大切さを知りました。

それと同時に、どうやって勉強をする時間を捻出するかが私の中でのテーマとなりました。

当時私はゲームが好きで、一日に数時間はゲームに費やしていました。

しかし、いつからかゲームをした後に、また身にならない時を過ごしてしまったと後悔をしていたのです。

誤解の無いように言いますが、ゲームを否定するわけではありません。

むしろやることが無いならゲームをした方が頭の体操になりますし、そこで得られる知識もあります。

実際に私の歴史好きは『信長の野望』から得た知識があるからです。

しかし、株式投資の勉強をするにつれて、それよりも勉強が楽しいと思うようになったのです。

楽しい理由は数字に現れるから

株式投資の勉強がおもしろいと感じたのには理由があると思っています。

それは、勉強した成果が数字となって現れるからです。

例えば、ある日のニュースで株価が上がるかもしれない情報を手に入れたとします。

それを元に株式の売買をしてみると、その通りに本当に儲けられたりするのです。

この様な結果がすぐに現れるというのはゲームに共通するものだと思います。

自分の考えを適用して、それが結果に現れる。それが思い通りになった瞬間の喜びは何ものにも変えられません。

私が株式投資をおもしろいと思った理由は、まさにゲームの感覚がそこにあったからなのです。

株式投資は難易度の高いゲーム!?

普通のゲームと株式投資の比較をすると、株式投資の難易度の高さが圧倒的であることが分かります。

なぜかというと、ゲームのルールなどの前提知識を得るハードルがものすごく高いからです。

ゲームを始めたばかりの頃は、必死にそのルールを覚えようとします。

ゲームの中で勝つためにはそのゲームの世界のルールを覚える必要があるからです。

そして、普通のゲームでは、説明書がついていたり、最近のゲームではチュートリアルなどで丁寧に開設をしてくれるものがあります。

普通の人でもすぐにルールを覚えられて勝つ喜びをすぐに味わえるのはこのためです。

しかし、株式投資に置いては、そのようなルールを教えてくれることがほとんどありません。

多額の受講料を払って、講座を聞きにいくといった事をしなければならなかったり、専門の書籍を購入したりということが必要です。

そして、それを行ったとしてもその情報が正しいことを証明できません。

情報は刻一刻と変わりますし、世界中の事細かい情報を入手する事が難しく、例外的なイベントがあまりに多く発生するからです。

つまり、株式投資における勝利の方程式は、ちょっとやそっとでは習得できない。

これが株式投資の難易度を高くしている理由なのです。

株式投資は痛い目を見なければ学べない!?

これもよく言われるものです。

痛い目、つまり損をしてみなければ株式投資を学ぶことができないとよく言われています。

先ほどのゲームとの比較を考えるとこの主張はもっともであると思うはずです。

ゲームでも、最初はルールが分からない、勝利の方程式もはっきりとしていない中でも、勝負をしなければ始まりません。

むしろ、その勝負を何回か経験することで、自分なりの勝利の方程式を磨き上げることができるのです。

何回もゲームオーバーになった先に、やっと勝てるようになる。

株式投資も同じです。

最初は何も分からなくても、まず勝負をしてみる。

負ければ、なぜ負けたかを考える。勝てば、なぜ勝てたのかを考える。

その繰り返しであなたの勝利の方程式が磨かれていくのです。

私も株式投資ではかなり痛い目を見ましたが、その度に大きな知識を得ることができました。

先日ある友人が、この会社の株を買いたいと行ってきたのですが、その時の私の分析ではむしろ売りサインが出ていました。

私はその友人に買うべきではないことを伝えました。その数日後、本当にその会社の株は暴落しました。

上記はまぐれかもしれません。しかし、上記のような判断は株式投資を始めた頃には身につけることができていなかったはずです。

もしかしたら友人と一緒にその会社の株を買っていたかもしれません。

そう、私の勝利の方程式も確かに磨かれていたのです。

まとめ

ゲームをしなくなりました。

といいつつ、やっぱり株式投資というゲームをしていたんですよね。

もちろんゲームといっても、そう簡単にゲームオーバーにはなりたくは無いので、しっかりと勉強もしますし、リスクコントロールもしていくつもりです。

同じゲームをしてるといっても、株式投資の先に自分の実現したい夢がありますので、もうやって後悔するような事はなくなりました。

まずは皆さんも始めてみましょう。

コメント