麻生川の桜並木でお花見

子育て
スポンサーリンク

こんにちは、しましまです。

今日は住んでいるところの近くの桜のスポットを紹介します。

新百合ヶ丘~柿生駅間の麻生川の桜並木です。

あいにく、今日の天気は雨のち曇り。

なんと来週の土日も雨と、今年は天気が悪い。

休日しか子供と桜を見る時間がないお父さんはつらい。。。

しかし、この時期に桜を見ないわけにはいかないと思い、無理して行ってきました。

 

車窓から桜が見える小田急線

桜ヒラヒラ、舞い降りて落ちて~♪

いきものがかりの”SAKURA”という歌をご存知でしょうか。

その一節に次のような歌詞があります。

 

小田急線の窓に今年もさくらが映る

 

小田急線の車窓から見える桜はたくさんあるので、どれがモデルとなった桜なのか分かりません。

しかし、中でも有力なのは麻生川の桜並木ではないでしょうか。

この時期は、新百合ヶ丘から柿生駅までずっと続いているのが見えます。

 

新百合ヶ丘から柿生駅まで、1.3kmに230本の桜

見てください、この桜並木!綺麗ですよね!

麻生川の両脇に桜がびっしりと並んでいます。

新百合ヶ丘駅から柿生駅までの間1.3kmの間に、約230本の桜が咲いているらしいです。

途中の橋から見る景色はとても絵になります。

 

しかし、残念なことに今日は曇り、写真をとっても桜なのか曇りなのか分からない。。。

でも皆さん、がっかりするのは早いです。

実は、新百合ヶ丘駅に近い方に色の濃い桜が咲いています。

写真映えするのはこちらですね。特に今日のような曇りの日には。

低い位置に桜があるので、人と一緒に写真を撮るときはちょうど良いんですよね。

 

ちなみにですが、麻生川の桜並木でお花見宴会はおすすめしません。

道が狭く、行き交う人の邪魔になるのでなかなかシートを引けません。

途中にベンチのようなスペースもありますが、狭いですし競争が激しい!!

 

新百合ヶ丘側は、華やかな桜並木のすぐ横には工事の資材置場のようなところもあったりします。

桜が咲いている季節でなければ通らない道だろうなと思うくらいで、食事には適していないですね。

ただし、柿生駅に近づいていけば、出店も現れてきます。

どうしてもシートを引いて宴会したいという場合は柿生駅側に行きましょう。

 

それでもやっぱり、麻生川の桜並木は歩きながら見るのが一番!

すこし運動するつもりで、歩いてみましょう。

 

おいしいパン屋さん、カンガルー

歩きながらが一番とはいえ、やっぱりお口は寂しくなります。

そこで、お供にこのお店のパンはいかがでしょうか。

パン屋『カンガルー』です。

毎年桜を見にいきますが、その度にいい匂いをさせてくるんですよね、このパン屋。

立地としては路地裏であまり良いとは言えませんが、次から次へと人が入っていく。

知る人ぞ知る、本当に人気のパン屋さんです。

 

私はベーグルと、妻は三色あんぱんを買いました。

ベーグルはもちもちで食べごたえアリ。

そして三色あんぱんはあんがたっぷり!おいしい!!!

お昼過ぎにはすべて売りきれてしまうほどの人気店のようですので、午前中早めに行きましょう。

 

まとめ

あいにくの天気の中でしたが、子供と桜の写真も撮れて大満足でした。

小田急線沿いには他にもたくさん桜の名所があるようなので、紹介していきたいですね。

以上、しましまでした。

スポンサードリンク




コメント