大河ドラマ『おんな城主 直虎』から学ぶ名言

大河ドラマ
スポンサーリンク

こんにちは、しましまです。

 

皆さんは今年の大河ドラマを見ていますか?

今年の大河ドラマは『おんな城主 直虎』です。

毎年大河ドラマを正座しながら見てきた私ですが、今年は本当に面白い。

ドラマの展開や演出が絶妙で、気がついたらのめりこんで見入っています。

そして、要の部分で出てくる名言の数々に、何度感動させられたことか。

とても哲学的な要素が今回の大河ドラマにはあります。

 

直虎を見れば、人生のヒントを得られるといっても過言ではないでしょう。

今日はそんな直虎の中で出てきた名言をご紹介します。

(なお、ドラマと一言一句同じでない場合もありますのでご了承ください)

 

スポンサーリンク

『おんな城主 直虎』とは

まず、2017年の大河ドラマを簡単に紹介しましょう。

舞台は戦国時代。井伊は、現在の静岡県の小国でした。

今川という大大名、徳川や織田という新興勢力の中で奮闘します。

 

井伊家は、戦が起こる度に当主が亡くなってしまうという悲劇に見舞われます。

跡継ぎはおろか、家臣も領民も人手不足。

そんな中、一人娘であった直虎が当主として名乗りをあげます。

 

少々ネタバレですが、直虎が後見を努めた虎松は、後の徳川四天王の一人『井伊直政』です。

またその子孫には、桜田門外の変でおなじみ、徳川幕府の大老を努めた『井伊直弼』がいます。

名門となる井伊家を、再興させた功労者が今回の主人公、『井伊直虎』というわけです。

 

話の中で直虎は、やむおえず出家することとなり、禅宗の寺で育ちます。

そのような背景もあり、ドラマの中では度々禅語が引用されます。

それでは、いくつか見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

辛いと思ったときに思い出したい言葉

井伊家のためと手を尽くして行動するも、自分のふがいなさに自信をなくす直虎。

そんな直虎に、寺の僧が次の言葉をかけます。

 

日々是好日(にちにちこれこうにち、ひびこれこうじつ)

 

良い日も悪い日もあるけれど、「よし(好し)、やるか」という気持ちで精一杯生きれば、毎日が素晴らしいものになる。

どんな日であっても精一杯前を向いて生きようと、元気が出る言葉ですね。

直虎もこの言葉に励まされ、また精力的に問題解決に乗り出すことができました。

辛いことがあったときには、この言葉を思い出してみると良いですね。

 

スポンサーリンク

選択に迷った時に思い出したい言葉

井伊家の長となった直虎ですが、領民との問題の解決方法で迷っています。

そんなとき、良き相談役である和尚から言われた言葉です。

 

自灯明(じとうみょう)

自分の信じたものを明かりとして、進んでいくのだ。

 

組織のリーダーは時に決断を迫られますが、すべて正しい判断を下せるとは限りません。

時には他人から批判を受けることすらあります。

それでも他人に流されず、自分の考えに自信を持って進んでいくのが、リーダーとしての努めであり、同時に楽しみでもある。

厳しい言葉のように見えて、実はリーダーとしてのプレッシャーから開放される優しい言葉です。

 

スポンサーリンク

人間関係で悩んだときに思い出したい言葉

領民との関係がこじれ、ストライキに直面する直虎。

領民に次の言葉を投げかけ、離れかけた領民の心を引き戻します。

 

清風払明月 明月払清風(せいふうはめいげつをはらい、めいげつはせいふうをはらう)

 

清風と明月は、それぞれ単体で素晴らしいが、それらが互いに補い合うことで、美の極致に到達する。

直虎にとって領民は支配するものではなく、互いに尊重し助け合うものであるという考えを、この言葉にして伝えたのです。

人間関係においてすぐに上下関係を持ち出す人もいますが、良好な人間関係とはこういうものなのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

まとめ

直虎の名言集を見てきました。皆さんは共感できたでしょうか。

これからもきっとたくさんの名言が飛び出すことでしょう。

 

先にもお伝えしましたが、今回の大河ドラマはとてもおもしろい。

そして、何よりメッセージ性が強いです。

今まで大河ドラマを見てきた中でも、毎回良い話を聞いたなぁと感じられるのはめずらしいですね。

 

歴史に興味がない人でも、きっとためになるので見てみてください。

わたしの妻も、歴史には興味がありませんが、今回の直虎は毎回楽しみに見ていますよ。

 

さらに直虎の名言を知りたい人は次の記事も読んでみてくださいね。

大河ドラマ『おんな城主 直虎』から学ぶ名言2

 

 

また8/20放送の回で、政次の最期が訪れました。

まとめましたのでこちらもどうぞ。

政次の最期に鳥肌!辞世の句の意味を考察。大河ドラマ『おんな城主直虎』

 

2018年の大河ドラマ『西郷どん(せごどん)』の名言も特集を始めましたので、ぜひご覧になってください。

弱き者の声を聞け!大河ドラマ『西郷どん(せごどん)』名言ー第1話

 

以上、しましまでした。

コメント

  1. […] 大河ドラマ『おんな城主 直虎』から学ぶ名言 […]

  2. […] 大河ドラマ『おんな城主 直虎』から学ぶ名言 […]

  3. […] 大河ドラマ『おんな城主 直虎』から学ぶ名言 […]

  4. […] 大河ドラマ『おんな城主 直虎』から学ぶ名言 […]

  5. […] 大河ドラマ『おんな城主 直虎』から学ぶ名言 […]

  6. […] 大河ドラマ『おんな城主 直虎』から学ぶ名言 […]