あなたのWHOIS情報は大丈夫?海外のアーカイブサイトCuteStat.comに個人情報が保存されてしまった時の対処法

アフィリエイト
スポンサーリンク

こんにちは、しましまです。

 

自分の個人情報がインターネットにさらされている。

そんな事になったら怖いですよね。

でも、ブログをやっている人にとっては身近な問題です。

 

独自ドメインでブログを開設している人は、最初にドメイン購入を行います。

ドメインを購入すると、ドメイン販売会社を通して自分の個人情報を登録しなければいけません。

そしてその情報はWHOIS情報としてインターネット上に公開されます。

 

個人でサイトを運営している人は、そのままでは個人情報がさらされてしまいます。

そのため、ドメイン販売会社は代行してWHOIS情報を申請してくれるサービスを行っています。

しかし、各社で方針が違い、有料で提供しているところもあれば、無料で提供しているところもあります。

 

ブログを個人で運営している人は申請代行をオススメしますが、気づかずに個人情報を公開してしまう人も結構います。

もちろん後から代理申請を申し込めば問題ないのですが、WHOIS情報をアーカイブしているサイトもあるため、一度公開された個人情報を隠すのは至難の業です。

アーカイブとは、情報を吸い出して保存してしまうことですね。

 

海外アーカイブサイトの『CuteStat.com』では、かなり前のWHOIS情報をずっと保持してしまっています。

そのままではやっぱり不安ですよね??

今日は海外アーカイブサイトの個人情報を消す方法を見ていきましょう。

スポンサーリンク

『CuteStat.com』とはどんなサイト?

先ほどは『CuteStat.com』をアーカイブサイトと言いましたが、実際には他の目的のために運営されています。

インターネット上にあるサイトの解析・評価を行っているのです。

例えばサイトの訪問者数や、想定収益などを見れてしまいます。

 

試しにしましまのサイトを見てみましょう。

見方は簡単です。

調べたいドメインの後ろに『.cutestat.com』をつければよいのです。

 

 

調べた結果が下記です。

サイトの紹介は日本語で書いてありますが、英語のサイトです。

 

ページを下の方に行くと次のような内容も出てきます。

『PageSpeed Score』はサイトの表示速度のことですね。

どのくらい最適化されているかが分かります。

しましまのホームページはまだまだ記事も少ないので、良好ではあるようです。

 

『Income Per Day』は1日の収益です。

『Estimated Worth』はWebサイトの価値のことで売上力やブランド力を総合したものです。

うーん、収益については当たらずとも遠からずといった感じでしょうか。。。

 

これでわかるように『CuteStat.com』はサイト評価を確認するためには結構使えるサイトです。

でもでも、さらにずっと下の方を見てください。

ありましたよね、WHOIS情報のアーカイブが。

 

もしかしたらあなたの住所や、電話番号、メールアドレスなどは公開されていませんか?

この後の対策に出てきますが、ドメイン移管をしただけではこの情報を消すことはできません。

なぜなら、ずっと前に取得した情報をそのまま保持していて、このサイト自らは更新をしないからです。

スポンサーリンク

どうやって公開された個人情報を削除すればいいの?

では本題に行きましょう。

もしあなたの個人情報が『CuteStat.com』に掲載されたままとなってしまったらどうすればよいのでしょうか。

安心してください、解決する手段があります。

 

それは次の手順です。

 

  1. WHOIS情報代行申請を行う。※できない・又は有料であればドメイン移管を検討
  2. CuteStat.comでWHOIS情報の更新をする

 

それでは一つずつ見ていきましょうか。



WHOIS情報代行申請を行う ※できない・又は有料であればドメイン移管を検討

まず、あなたの個人情報を公開したくなければ、WHOIS情報代理申請を申し込みましょう。

これはあなたがドメインを取得したドメイン登録業者で行っていると思います。

しかし中には代行申請を行っていないところや、途中から代行申請すると有料になるところもあります。

 

『お名前.com]』では、ドメイン取得直後であれば代行料が無料になるキャンペーンをしているのですが、途中から申し込むと年間920円の代行料が毎年発生してしまいます。

もちろん、WHOIS情報は公開するのが大前提の情報なので、『お名前.com』が悪いわけではありません。

しかし、こちらのお財布的には厳しいわけです。

 

そこで、思い切ってドメイン移管するという方法があります。

下記のページにまとめてありますので参考にしてくださいね。

お名前.comからムームードメインへドメイン移管。お金をかけずWhois情報代理申請する方法!
こんにちは、しましまです。 ブログを始めたばかりの人が戸惑うポイントとして、ドメインの取得があります。 初心者にはドメインの概念が難しい上に、取得する際にはいろんな落とし穴があります。 その中でもやっかいなのがWH...

 

無事ドメイン移管もできたら、移管先のドメイン登録業者に早速代行申請をしましょう。

これで、あなたのWHOIS情報は書き換えられたはずです。


CuteStat.comでWHOIS情報の更新をする

ここまでくれば簡単です。

CuteStat.comでWHOIS情報の更新をしましょう。

海外サイトには、このような更新作業を全く受け付けないところもあるようですが、このサイトに関しては大丈夫です。

 

なんと自分で更新ボタンを押すだけです。

次の赤い『Update Stat』ボタンを押しましょう。

 

更新には1分もかからないはずです。

完了したら、WHOIS情報が更新されていることを確認しましょう。

これでもうあなたの個人情報がさらされることはありませんね。

 

ちなみに問い合わせフォームもあって、そこに更新してくれと頼んでも良いのですが、全く相手にはされません。

CuteStat.comの運営者に取ってみたら全くメリットのある話ではないので、取り合わないのも無理はありません。

日本の運営会社であれば、対応してくれそうな気もしますが。。。

 

なお、この更新作業でサイトのページスピード情報なども更新されますので、気になる方は調べてみても良いかと思います。

使い方によっては本当に便利なサイトなのです。

スポンサーリンク

安全・安心にブログを運営しましょう。

いかがだったでしょうか。

要点をまとめます。

 

  • 『CuteStat.com』はサイト評価を行っているが、WHOIS情報もアーカイブしている
  • 万が一個人情報が載っていても、WHOIS情報代行申請をして更新すればあなたの個人情報は消える
  • WHOIS情報代行申請が有料だと、ドメイン移管をするのも一つの手段

 

最初の方は個人情報がさらされる、などとちょっと怖い話をしましたが、正しく対処すれば問題はありません。

ブロガーの方は常にプライバシーの問題と向き合っていかなければなりませんからね。

安全・安心にブログの運営をしていきましょう!

 

以上、しましまでした。

コメント

  1. 9232 より:

    初めまして。お名前ドットコムからムームードメインに移行してWHOIS情報も変更しました。自分のドメイン変更のところで分からないところが一点。
    「試しにしましまのサイトを見てみましょう。
    見方は簡単です。
    調べたいドメインの後ろに『.cutestat.com』をつければよいのです。」

    の文面でGoogle検索でうちこんでもでませんし、CuteStat.comのサイトへいってもでてきません。
    ブログをはじめたばかりでITに詳しくないので自分が悪いのですが、もう少し詳しく教えていただけますでしょうか?

    • しましま しましま より:

      9232さん

      返信遅くなりすみません。
      また、コメントいただきありがとうございます^^

      >の文面でGoogle検索でうちこんでもでませんし、
      上記を実行されたのは、ブラウザの上部の「アドレスバー」に打ち込んでいますでしょうか?
      グーグルページの中央に現れる検索窓に入れても出てきませんのでご注意ください。

      >CuteStat.comのサイトへいってもでてきません
      サイトへ行って、「What You Like to Query Today?」のフォームに直接打ち込んでみてください(後ろに.cutestat.comをつけず)
      おそらく解析結果が出てくるはずです。

      なお、ページによっては、『解析済み』のページと『未解析』のページがあります。

      『未解析』のページの場合は、Cutestat.comのページには飛びますが「Page Not Found」と出てしまいます。
      これにはいろいろ理由があります。

      ①まだページが出来たてほやほやの場合
      ページが出来たてだと、まだ解析がされておらず、情報が現れません。
      この場合は、「What You Like to Query Today?」にドメインを打ち込んであげて、Lookupしてください。
      新たに解析が始まります。

      ②サブドメインが入っているとき
      例えば、www.XXXXXX.comのように頭にサブドメインをつけているときは、これを外してあげるとうまくいくときがあります。
      つまり「XXXXXX.com.cutestat.com」とアドレスバーに入れてあげるということですね。

      ③httpsのページの時
      基本的にhttpsでも解析結果が見れる時がありますが、たまにhttpに変えてあげないと見れないときがあります。
      おそらく解析当時httpしか存在しないページだったのでしょう。

      すみません、ちょっと分かりにくいところもあるかもしれませんが、また疑問がありましたら遠慮なく聞いてください。
      ブログを始めたばかりとのことで、いろいろと大変だと思いますが、ともに頑張っていきましょう!

  2. ライフ より:

    しましま様

    とても為になる記事拝見させて頂きました。
    私もブログをライブドアで運営しているのですが調べたところ、このCutestatに登録されていましたIPなども書かれているので非常に怖く感じます。
    私はムームードメインに登録しているのですが何故かレジストラURLにお名前.comの名前が書かれています。

    私もとりあえずこの情報を代行申請で有料でもいいので行いたいのですが現在ムームードメインに登録しているのでお名前.comに登録して代行申請を行えば良いのでしょうか?
    申し訳ありません。ご教授頂けると幸いです。

    • しましま しましま より:

      ライフさん

      コメントありがとうございます^^
      ちょっと前提知識から話すのですが、、、
      世界中のドメインは重複しないように一つの大きな台帳で管理されています。これを「レジストリ」と言います。
      「レジストリ」を管理しているのは「ICANN」という団体です。このICANNに認定された登録会社を「ICANN認定レジストラ」と言い、ドメイン取得において他社より有利に手続きができるのですが、日本でのICANN認定レジストラはそう多くありません。詳しくは下記のサイトを参照ください。
      http://domainfan.net/japan-registrars

      『お名前.com』を運営しているのは「GMOインターネット株式会社」で、この会社はICANN認定レジストラです。
      『ムームードメイン』を運営しているのは、そのグループ会社の「GMOペパボ株式会社」です。

      GMOペパボ株式会社は、ICANN認定レジストラではないため、実は裏でレジストリ登録をGMOインターネット株式会社にお願いしています。
      よって、『ムームードメイン』でドメインを取得しても、レジストラ情報は『お名前.com』になるのです。
      ライフさんがご心配されている「なぜかレジストラURLにお名前.com」というのは、全く問題ありません。

      ちなみに、WHOIS情報でライフさんの個人情報がさらされていますか?
      電話番号や住所といったものです。
      IPアドレスは、ライフさんのレンタルサーバ会社が所有するIPアドレスであり、ライフさんの個人情報ではありませんので怖がる心配はありません。
      また、Cutestat.comというサイトは、インターネットにあるサイトの公開情報を定期的に集めているだけなので、そこにライフさんのサイト情報が載っていても問題はありません。
      古い例えですが、タウンページに電話番号が載っているようなものと考えてください。

      ちなみに、ライフさんのドメインはすでに代行申請されているのでは?と思います。
      確認項目は、ムームードメインにログインして「ドメイン操作」→「WHOIS情報変更」→調べたいドメインの「WHOIS情報変更」→「弊社の情報を代理公開 (公開中)」のラジオボタンにチェックが入っていれば代行申請できています。

      いかがでしょうか??
      他にも不明点があれば、追加でコメントお願いします。

  3. […] […]