将来的に仮想通貨が衰退する理由を考察してみた

投資
スポンサーリンク

こんにちは、しましまです。

 

仮想通貨が軒並み暴落していますね。激しい暴落の時には、いくら我慢強い人でも精神的に疲れ果て、ついには苦痛から解放されたいと手放してしまうことがあります。いわゆる狼狽売りです。皆さんはそんな状況になってないでしょうか?

 

以前、仮想通貨についてこんな記事を書きました。

世は仮想通貨バブル。自分は手を出すべき人間か判断できる簡単な2つの質問。

どんどん価値が上がり続けているときは、普通の人間は非常に楽観的です。しかし、ひとたび暴落が始まれば正気を保てる人はごくわずか、大混乱に陥ります。悲劇に見舞われないために、自分は仮想通貨に手を出してよい人間か事前に見極めておいてくださいね。

 

さて、今日はその仮想通貨の将来についてお話ししたいと思います。実のところ私は、将来的に仮想通貨は衰退するであろうと予測しています。研究者の間では仮想通貨はまだまだ発展するという予測の方が多いようです。しかし、リスクを見極めるためにも、最悪ケースを想定しておくことは重要です。ひとつの考察として、読んでいただければ幸いです。

 

スポンサーリンク

有望なブロックチェーン技術、だから仮想通貨も有望?

仮想通貨の根幹は、皆さんすでにご存知のブロックチェーン技術です。非常に優れた技術で、世の中に革命を起こすと言われていますね。手で触れることができる紙幣と違って、仮想通貨は単なる電子データであるにも関わらず、紙幣と同じ信用度を保てているのはこの技術のおかげです。

 

しかし、ブロックチェーン技術がすごいからと言って、ビットコインをはじめとした仮想通貨もすごいと言ってよいのでしょうか?私はこの二つは切り離して考えることが必要だと考えています。

 

重要なのは、ブロックチェーン技術は誰でも採用することができる、あくまで『技術』であるということです。その気になれば、法定通貨の円やドルでも、その仕組みを採用することだってできます。現に出生届など行政に関する部分をすでにブロックチェーン技術で構築している国もあります。

 

もし各国が、法定通貨の運用にブロックチェーン技術を採用したらどうなるでしょうか?

 

きっと、現在の仮想通貨が実現している多くのメリットを、法定通貨であっても享受することができるでしょう。政府はお金の信用度を上げるための対策を講じる必要がなくなり、その分の税金も軽減されることが期待されます。今までのように紙幣など持ち運ばず、すべて電子的に法定通貨を使えるようになり利便性がぐんと上がります。

 

法定通貨で事足りるようになるため、仮想通貨を持つ必要性が全く無くなります。その時点で各仮想通貨の価値は0となることでしょう。もちろん、円などの法定通貨がブロックチェーン技術にいきなり切り替えるのは難しいため、かなり先の話にはなるはずです。

 


<スポンサーリンク>


 

スポンサーリンク

通貨の信用度って何なの?

ブロックチェーン技術が仮想通貨に信用度を与えていると言いましたが、いまいちそれじゃ分からないですよね。ここで、通貨における信用度はどうやって保たれているのかを考察してみましょう。

 

理解を助けるため、むかしむかし、貝殻をお金の代わりに使っていた時代を想像してみましょう。

 

貝殻がお金として使えるようになると、人々は貝殻で食べ物や、道具を入手するようになりました。とても便利で、それまでの物々交換のために重たい荷物を持つ必要が無くなり、軽い貝殻だけを持てば買い物ができるようになりました。そう、貝殻が通貨として機能するようになるわけですね。

 

しかし、人々は気づきます。貝殻なのだからどんどん海から拾ってくればいいんだと。。。なんとみな自分の仕事をほっぽり出して海に出かけては貝殻取りに夢中になってしまいました。気づけば、働く人がいないので食べ物や道具は品薄状態。しかし、お金の貝殻はものすごく大量にある。物価はぐんぐん上がっていき、インフレ状態が起きてしまいました。

 

インフレと聞いて思い出すのはジンバブエドルのハイパーインフレではないでしょうか。普通の買い物ですら札束を何十個も持ち運ばなければならないなど、異常な状態でしたよね。貝殻をお金にしてしまえば、そんな異常な状態がすぐにでも再現できてしまいます。これが、お金の信用度が低い状態ということになります。

 

各国政府は、自国のお金の信用度を保つため、必死になっています。偽造防止の対策をしたり、流通量をコントロールしたりと。。。つまりは、その国の通貨を持っていることで発生しうる、あらゆる不利益を無くすように全力をあげなければならないのです。その活動のために大量の税金が使われていることは言うまでもありません。

 

それに引き換えブロックチェーン技術を利用すれば、そのような努力を行う必要がなくなるということになります。本当にブロックチェーン技術が優れた技術であるのなら、必ず各国政府はそれを採用する方向に動くことでしょう。

 


<スポンサーリンク>


スポンサーリンク

仮想通貨の経済圏は、戦後の闇市に似ている

戦後の混乱期に必ず栄えてしまうのが闇市です。そこに行けば、表の市では手に入らない掘り出し物が見つかります。お金ではない何かと引き換えに、望むものを手に入れることができるかもしれません。闇市というのは、戦後という何もかも未整備で無法地帯の状況においては、むしろ便利なものなのです。

 

私は仮想通貨の経済圏は、この闇市に非常に似ていると考えています。

 

闇市というのはしばしば規制の対象になります。国からすれば、法で定めた表の市で取引をすればよいものを、わざわざリスクの高い闇市で買い物をされてしまうため、それによる不利益が生じてしまいます。

 

例えば、、、ある国民が闇市に手を出し、自分の臓器を売り払ってしまったとしたらどうでしょう。それがたたって早死にしてしまったら、国としては将来納税してくれる人間を失ってしまうことになります。あるいは臓器を買おうとして大量の借金をしてしまったらどうでしょう。自己破産などされてはその借金を帳消しにしなければなりません。社会復帰するまでの面倒を見なければなりません。

 

やめておけばいいのに勝手に闇市で損をしたら、その人の自己責任としてよいはずです。しかし国民を守らなければならない国側は、どうしても不利益を被ってしまいます。だから、国は闇市を取り締まるのです。

 

仮想通貨も同じです。本来自国の法定通貨の経済圏で活動をしているのであれば、自己破産になろうが、生活保護を受けようが、国は国民を助けようとするでしょう。しかし、ほとんど無法地帯の仮想通貨の経済圏に手を出し、とんでもない借金をし、最悪の場合命を落としたりすれば、国側にとっては大打撃です。そんな状況を警戒して、中国や韓国は仮想通貨に対していち早く規制を行ったのです。

 

。。。ここで考えてみてください。闇市はいつまでも存在すると思いますか?

答えはNoですよね。

 

闇市でしか手に入らないものがあったとしても、それが本当に人々に必要なものであれば、表の市でもそれを手に入れるための仕組みが整備されていきます。例えば、人間の臓器が必要なのであれば、臓器ドナーの仕組みが整えられたりしましたよね。つまり、闇市とは表の市が成熟するまでの、ある一定の期間のみ発展するものなのです。

 

よって仮想通貨は、現在の法定通貨が成熟するまでの間に、一時的に発展する闇市のようなものと考えられるのです。

 

スポンサーリンク

まとめ

以上の考察をまとめるとこうなります。

  • ブロックチェーン技術はすごいが、仮想通貨もそうとは限らない
  • 法定通貨もブロックチェーン技術を採用することができる
  • 仮想通貨は戦後の闇市と同じで、表の市(法定通貨)が成熟すれば必要がなくなる

 

現在、仮想通貨の将来を正確に予想できる人はまずいないでしょう。ですから、多くの人の考察を吟味し、あなたなりの予測を立てる必要があります。今回の記事があなたの予測を助けるものになれば幸いです。

以上、しましまでした。

 


<スポンサーリンク>


コメント