画像の保存形式はJPEGとPNGのどっちがいいの?違い・使い分けを解説。

ガジェット
スポンサーリンク

こんにちは、しましまです。

皆さんは、インターネット上から画像を見つけてダウンロードするとき、自分で取った写真や書いたイラストを保存したいと思ったとき、JPEGにするかPNGにするか迷ったことはありませんか?

今回の記事では、JPEGとPNGのどちらで保存すべきかを簡単に決められるように、その違いを解説したいと思います。

さっそく見ていきましょう。

スポンサーリンク

結論から言います

急いでいる方のために詳しい解説は後回しにして、結論から言ってしまいます。

あくまで一般的な考え方なので、ケースごとに自分で見極められるようになりたいと考えている人は、さらに読み進めるようにしてください。

 

  1. 風景写真や人物写真など、カメラで撮った自然画像 →JPEGが適している
  2. PCで書かれたイラストなど →PNGが適している

 

基本的には上記の考えで保存形式を決めてください。

もし私がそれぞれの圧縮方式を擬人化するなら、なんとなく適当な性格のJPEGくんと、きっちり完璧主義のPNGちゃんといった感じのキャラを作ると思います。(どなたかイラスト書いていただける方、ご連絡お待ちしてます)

スポンサーリンク

JPEG保存に適した画像とは?

JPEGくんがなんとなく適当である理由は、非可逆圧縮という方式にあります。

非可逆圧縮とは、正確に情報を残すわけではなく、ぼんやりとそれらしい情報を残す方式です。この圧縮方式は、人間の目の仕組みと似ています。

 

例えばあなたがある風景を見たとして、その風景のすべてを記憶しているわけではありませんよね。木の枝の一本一本や、水のしぶきの一滴一滴、砂の一粒一粒まで、そもそも記憶できるわけがありませんし、記憶する意味もないと思います。

 

その点に注目したのが、JPEGです。JPEGは正確な数値で情報を残すのではなく、波で情報を残そうと考えました。いくつかの基本的な波の組み合わせによって、各ピクセルの値を後から算出することができるというわけです。

 

実際は画像を8×8の小さいブロックに区切り、なんちゃら変換を適用して、ごにょごにょするのですが難しいので割愛します。ここでひとつの画像をJPEGとPNGで圧縮し、比較をしてみましょう。

 

どうでしょうか。はっきり言って違いが分かりませんね。JPEGは波で表現している分、いくらか情報が抜け落ちているのですが、我々の目はそもそもその違いを認識することすらできません。

次にファイルサイズを比較してみましょう。ここでJPEGの真のメリットが現れます。

なんとJPEGで圧縮した方の画像が、驚くほどファイルサイズが小さくなりました。正確に情報を記録せず、なんとなーくそれらしい情報を記録するJPEGだからこそ、小さいファイルサイズを実現できるわけですね。

 

逆にPNGはどうでもいいような汚れやシミ、どうせなら隠してほしいあなたの顔のしわまで正確に残そうとしてしまいます。膨大な情報を記録しておこうとして、ファイルサイズが大きくなってしまうわけです。

スポンサーリンク

PNG保存に適した画像とは?

きっちり完璧主義のPNGちゃんは、すべての情報をしっかり残そうとしてしまいます。残念ながらそのめんどくさい性格上、自然画像では力を発揮できません。一方でイラスト画像となると真の力を発揮することができます。

 

完璧にと言っても、何も考えずそのままの値を一個ずつ覚えているわけではありません。規則正しい数字の配列は、工夫して覚えることができます。例えば次の数字を覚えてください。

 

81 81 81 81 81 81 81 81 81 81 81 81 81 81 81 81 81 81 81 81 81 81

 

皆さんすべての数字を覚えられたでしょうか。おそらく全ての数字を覚えた人などいないと思います。単に「81が20個」でしょ、と覚えたはずです。ではもう一つの例です。

 

3 6 9 12 15 18 21 24 27 30 33 36 39 42 45 48 51 54 57 60

 

これもすべての数字を覚えた人はいないと思います。3の倍数が60まであるんでしょと覚えたはずです。真面目に数えると37文字の情報を、「3の倍数が60まで」という9文字の情報で、正確に覚えることができたわけですね。

 

あなたが覚えたようにPNGは連続的な同じ値や、規則的な数列を短く覚えることに特化しています。例えば次の画像を見てください。

このサイトのロゴです。私がパワーポイントで手作りしました。自然画像と違って手抜きなのでまったく同じ値の色が連続しています。ここでもまた、それぞれの方式で圧縮した後のファイルサイズを見てみましょう。

 

なんとこの画像の場合、きっちり覚えた方(PNG)のファイルサイズが小さくなるのです!

 

その一方で、適当さがウリだったJPEGでは逆に困ったことが起きてしまいます。JPEGで保存した画像をどアップにしてみましょう。

ちょっと分かりにくいですが、ピンク色の部分が微妙に波打ってしまっているのがわかるでしょうか!?実はピンク色の部分に限らず全体的に波打っています。

 

シンプルな画像であればあるほど、適当さが仇になり目立ってしまうこともあるのです。そんなわけで、イラスト画像ではPNGの方が適していると言えます。

スポンサーリンク

まとめ

それでは、まとめてみましょう。シンプルに言います。

  1. 自然画像 JPEGが適している
  2. イラスト画像 PNGが適している

 

これらの特徴を知ったあなたは、もう保存形式で迷うことはありませんね。どうぞ参考にしていただければと思います。

以上、しましまでした。

コメント