GrabShareの使い勝手は実際どうなの?グラブシェアを利用するメリット(フィリピン)

フィリピン
スポンサーリンク

こんにちは、しましまです。

 

フィリピンでの生活もはや1年が過ぎました。

Grabの利用も百回を超えたと思います。

すっかりGrabの利用に慣れた私ですが、Grabを利用するときは、特に急ぎでなければGrabShareを利用することにしています。

それには理由があるんです。

 

今日はGrabShareに関するよくある疑問にお答えするのと、それを利用するメリットについてまとめてみたいと思います。

GrabShareを使いこなせれば、あなたの旅はぐっと充実したものになりますよ。

スポンサーリンク

GrabShareに関する疑問

まずは、GrabShareに関する疑問や不安についてお答えしていきたいと思います。

基本的には私の住むフィリピンでの情報となりますのでご了承くださいね。

GrabShareってそもそも何なの?

GrabShareとは、配車サービスのアプリGrabの中で、選択できる配車サービスの1つのオプションです。

企業が運営し従量制メータによって料金が確定するGrabTaxi、一般人ドライバーが配車し事前確定した料金で利用できるGrabCarなどと並び、GrabShareを利用できます。

その名の通り、一つのGrabCarを複数人がシェアして利用することになります。

同じような出発点・目的地を持つ乗客をアプリ上で集め、一つのGrabCarにそれらの人を送らせるように指示が出されています。

疑問①他の人と同乗するのは怖くないの?

出発点・目的地が近い人とはいえ、乗ってくるのは赤の他人です。

最初に乗る時はちょっと怖いと思ってしまうのは無理もありません。

私も最初はびくびくしながら乗ったものです。

 

しかし、同乗してくる人たちは基本的に親切です。

旅慣れた外国人や、ローカルの中でも少し裕福な気のいいフィリピン人などです。

彼らとトラブルになることはそうそうありません。

 

一方で、乗車の時に気を付けたいのはマナーです。

もしあなたが一人であれば、複数で乗ってくる人たちのために後部座席を空けて、助手席に乗るようにしましょう。

運転手にも、「コイツ分かっているな。」と思わせることができます。

疑問②遠回りして結構時間がかかるんじゃないの?

複数人の他人を乗せるので、時間がかかりそうと思いますよね。

実際、この答えはイエスです。

急いでいるときに、GrabShareを利用するのはオススメできません。

 

一方で、遠回りしたとしてもそこまで時間をロスすることはありません。

理由はいくつかありますが、アプリが最適なルートを選んでくれること、GrabShareの運転手が相対的に多いためすぐにつかまること、などがあげられます。

 

ちなみに、私が利用した感覚だと3・4回に1回は同乗者無しの貸し切り状態でした。

とても得した気持ちになりますね。

スポンサーリンク

GrabShareを利用する4つのメリット

GrabShareを利用するメリットは大きく4つあります。それぞれ見ていきましょう。

①安い

なんと言ってもGrabShareは安いのです。

1台まるまる占有するGrabCarに比べて、2~3割安い印象です。

それでいて、たまに同乗者なしの貸し切り状態になることもありますので、コストパフォーマンスは最強なのです。

②比較的つかまりやすい

GrabShareは比較的つかまりやすいです。

というのも、GrabShareでお客を捕まえているドライバーの数が相対的に多いからです。

 

ドライバーに勝手にインタビューしてみたところ、客単価は確かに安いが、一日に稼げる金額は圧倒的にGrabShareの方が高いとのこと。

Grabを利用して稼いでいるドライバーにとっても、メリットのあるサービスなのです。

③腕のいいドライバー・きれいな車に当たる可能性が高い

GrabShareを利用していると、びっくりするくらいきれいな車に当たることがあります。

そしてドライバーのスキルや対応もしっかりしてるんですよね。

 

先ほども言ったようにドライバーにとってはGrabShareの方が稼げます。

GrabShareのドライバーは稼げる分、車の装備や清掃に多くのお金をかけることができるのです。

 

ちなみにGrabドライバーにもランクがあり、Grabから優良ドライバーと認められると、下の写真のような広告ディスプレイが配布されるようです。

もしあなたがGrabに乗った時、この広告ディスプレイを見つけることができたら、そのドライバーは実績が十分な安心できるドライバーだと思ってください。

GrabShareでは、そんなドライバーに多く出会うことができます。

④外国人と触れ合えるチャンス

先にもお伝えした通り、GrabShareを利用する人たちは、旅慣れた外国人や、ローカルのちょっと裕福なフィリピン人層だったりします。

彼らはとても紳士的で、話しかければ面白い話をしてくれることでしょう。

 

また、フィリピン人のローカルがどのような環境に住んでいるのかを確認できる数少ないチャンスでもあります。

発展したフィリピンでも、一本道を変えればガラリと雰囲気を変えます。

フィリピンのきれいで表面的な部分だけでなく、裏側のローカルな部分も見てみたいという方には、GrabShareがやっぱりおすすめなのです。

スポンサーリンク

まとめ

ではGrabShareについてまとめてみましょう。

まずはGrabShareに関する疑問です。

  1. GrabShareとは?⇒複数人でGrabCarをシェアするサービス
  2. 怖くないの?⇒客層はとても紳士的。でもマナーに気を付けよう
  3. 時間かかるんじゃないの?⇒GrabCarに比べて時間はかかるが、意外と早い

次に、GrabShareを利用するメリットです。

  1. 安い!
  2. 比較的つかまりやすい
  3. 腕のいいドライバー、きれいな車が多い
  4. 外国人と触れ合えるチャンス

最近の私は、まずGrabShareで探して、無ければ仕方なくGrabCarやGrabTaxiで探す、という選択肢になっています。

そもそもGrabShareであれば、つかまらないことはほとんどないですけどね。

 

フィリピンに来たら是非GrabShareを利用してみてください。

きっと楽しいフィリピン旅行になることでしょう。

 

以上、しましまでした。

 

コメント