フィリピンゴルフに行きたい!気になる準備物や注意点を事前に確認しよう。

フィリピン
スポンサーリンク

こんにちは、しましまです。

 

ゴルフ天国のフィリピンですが、いざ行こうとなると何を準備すべきか迷いますね。

今日は、フィリピンのゴルフに行ってみたいと考えてる方に、準備物や注意点をまとめます。

 

それでは、準備物・注意点を一つずつご紹介していきますね。

スポンサーリンク

会員権を持ってるメンバーはいる?

フィリピンのゴルフ場は、二種類あります。

 

  1. 会員制のゴルフ場
  2. パブリックなゴルフ場

この中でパブリックなゴルフ場は、その日にゴルフ場に行けば問題なくプレーすることができますが、会員制のゴルフ場はそうはいきません。

基本的に会員制のゴルフ場は、会員+ゲスト〇名というパーティを組んでコースを回るようになります。

パブリックのサンバレー。ここは会員がいなくても大丈夫。

事前に予約したいゴルフ場が会員制かどうか。

会員制であれば、会員権を持っている知り合いがいるかどうかをしっかり確認してくださいね。

スポンサーリンク

ゴルフ場までの移動手段は大丈夫?

フィリピンに知り合いのいる方は、その方に送り迎えしてもらうと思うので、大丈夫だと思いますが。

もし一人でゴルフ場まで行かないといけない場合は、ちょっと大変です。

 

フィリピンでのタクシーは、Grabが安心で簡単です。

しかし問題はゴルフ場までの距離です。

タクシードライバーは、あまりに遠いところだと、往復で帰ってくる分の交通費として、合計で2倍の運賃を請求してくることがあります。

マウントマララヤット。マニラ市内からは車で1時間半ほど。

乗る前にしっかりと交渉をしつつ、ある程度はドライバーのことも考え少々多めに支払ってあげるようにしましょう。

細かい紙幣を用意しておくことも重要です。

 

なお、フィリピンの交通インフラはもっぱら車であり、通勤時間帯や夕方は大渋滞が待ち構えています。

時間に余裕を持って移動するようにしましょう。

スポンサーリンク

キャディさんへのチップを忘れずに!

フィリピンゴルフでは、プレーヤー1人につきキャディさん1人が付きます。

働き者で話好き、ゴルフをいっそう盛り上げてくれるキャディさんですが、帰りにチップをあげるのを忘れてはいけません。

 

相場は1ラウンド回った後に、500~600ペソ(日本円で1,000円前後)支払うのが普通です。

受付でどのくらいの相場なのかを事前に聞いておくのが無難です。

 

渡すタイミングは1ラウンド終わり、クラブの本数を最後に確認する時に渡します。

ロッカーに戻る前にあげなければならないので、コースを回る前からポケットに用意しておく必要があります。

彼女らも生活が懸かっているので、おろそかにしてはいけません。

スポンサーリンク

日焼け止めは必須です

ご存知の通り、フィリピンは常夏の国です。

一年を通して30℃を超える気候で、大変暑いです。

日焼け止めは必ず持って行くようにしましょう。

 

もしあなたのゴルフバックに日よけの傘があるなら、キャディさんにお願いして、傘を持ってもらうのもありですね。

アヤラグリーンフィールド。この日は雨で休憩所に避難。

なお、天気に関して言うと6月~8月ごろまでフィリピンでは雨季になるので、その時期にゴルフをすると大雨に当たることがあります。

しかし、フィリピンは長雨になることは少ないので、コース近くの休憩所で様子を見ていればすぐにやんだりします。

スポンサーリンク

虫よけも必須です

フィリピンゴルフ場で虫よけグッズは必須です。

特に気を付けなければならないのは、蚊(か)と蟻(あり)です。

 

ゴルフ場周辺はキレイと言っても、まだまだ見えないところに汚い水があったりします。

感染症を引き起こす蚊がいる恐れがありますので、注意しましょう。

 

また、最近ゴルフ場でヒアリにかまれる事故が何度か発生しています。

蚊だけでなく、蟻にも気を付けるようにしましょう。

スポンサーリンク

オマケ:フィリピンゴルフ場あるある

フィリピンのゴルフ場でプレーするときの「あるある」をご紹介しましょう。

ゴルフ場内にマンゴー!?

ゴルフ場にもよりますが、敷地内にマンゴーツリーやヤシの木が植えられているところがあります。

もちろん、マンゴーとヤシの実を収穫することができ、たまにキャディさんがカートに搭載して持ち帰ろうとします。

私もマンゴーをキャディさんに勧められ食べたことがありますが、抜群にうまいです(笑)。

ゴルフコースに豪邸が隣接!?

なぜかゴルフ場に隣接して豪邸が建設されています。

おそらく現地のお金持ちの家なのか、ゴルフ場オーナーの家なんだろうと想定されます。

しかし、OBでその家に一直線に飛んで行ったときにはかなり冷や冷やします。

その緊張感もフィリピンゴルフならではかもしれません。

コースの途中で少年現る!?

コースを回っていると茂みの中から、突如少年が出てくることがあります。

何事かとみてみると、ロストボールを拾ってそれを売っているのです。

ゴルフ場側も、間接的にコースの清掃につながっているので、黙認をしているようです。

フィリピンで生き抜くための彼らなりの知恵なのですね。

スポンサーリンク

まとめ

フィリピンゴルフで準備するもの・注意点をまとめてみましょう。

 

  1. 会員権を持ってるメンバーと一緒に行こう
  2. ゴルフ場までの交通手段をあらかじめ確認しよう
  3. キャディさんへのチップを忘れないように
  4. 日焼け止めは必須
  5. 虫よけも必須

これであなたもフィリピンゴルフを満喫することができますね。

魅力的なフィリピンゴルフを、是非お楽しみください。

よければ次の記事も参考にしてくださいね。

フィリピンゴルフってどんな感じ?コースやキャディさん等の特徴まとめ
こんにちは、しましまです。 フィリピンといえば、ゴルフ場がきれいで、安くプレーできる国だと思っている方もいるのではないでしょうか。 もしフィリピンでゴルフをしたならどんな感じなのか、その特徴をこの記事でご紹介していきます...

 

以上、しましまでした。

コメント

  1. […] […]