セブ・シャングリラの外に出る必要はある?セブ市内の雰囲気・観光地まとめ。

フィリピン
スポンサーリンク

こんにちは、しましまです。

 

セブ・シャングリラマクタンリゾート&スパに行こうと計画されている方で、よく悩む疑問があります。それはこんな疑問です。

セブ市内の観光には行った方が良いの?

今日はそんな素朴な疑問にお答えしたいと思います。

スポンサーリンク

【結論】セブ・シャングリラから出る必要はありません

結論から言いますと、セブ・シャングリラからセブ市内に出る必要はありません。

それは次のような理由からです。

 

  1. 汚いところが結構ある
  2. ぐっとくる観光名所が無い
  3. セブ・シャングリラがそもそも飽きない

人によって求めるものが違うと思いますので、あくまで私の感想です。

もしかしたらセブのきれいなところも汚いところも見てみたいという人は、市内に出てみるのも良いと思います。

しかし、子連れの親としてはあまりお勧めはできません。

 

セブ・シャングリラ内で十分過ごせますし、何より高いお金を払って最高のサービスを得られるわけですから、それを思う存分楽しんだ方が良いでしょう。

どうしてもセブの市内観光が気になるという方は、次に観光地の例を掲載してますので、参考にしていただければと思います。

スポンサーリンク

実際に行ってみたセブ市内の観光地

私が行ったセブ市内の観光地をいくつか挙げてみます。

市内ツアーとしてコースに組み込まれているところもあります。

一通り目を通して、行った気分になってみるのも良いと思います。

①ラプラプ像

ラプラプとはセブ島の英雄の名前です。

侵略してくるスペインのマゼランを打ち取る活躍をし、フィリピン人の誇りと言える人でしょう。

しかし、残念なことに私が行った3月には大規模工事を行っており、下記のような写真しか撮ることができませんでした。

キレイに改装されていることを祈ります。

一方で、この像の周辺にはとてもローカルなお土産物屋さんが充実しています。

一風変わったお土産がほしい人は覗いてみるのも良いでしょう。

ちなみに、セブ・シャングリラ内にもラプラプ像はありますので、こちらの像で記念写真を撮るほうがオススメだったりします。

 

②トップス展望台

セブ市内を一望できる展望台です。

天気のいい日の眺めは格別です。

よーく見るとマクタン島の端のセブ・シャングリラも確認できます。

しかし、かなり遠いんです。

片道1時間ぐらいは見ておいた方が良いでしょう。

往復するだけで半日つぶれますので、覚悟がいります。

タクシーで行こうとすると必ず途中のお寺を進めてきます。

お寺に関しては、かなり豪華ですが、正直どんなありがたみがあるか分からず、感動も半減です。

 

③サン・ペドロ要塞

スペイン統治時代の要塞跡です。イントラムロスと同じくらい古いもののようです。

日本軍が捕虜を収容した場所でもあり、我々日本人にとってもゆかりがあります。

中はちょっとした公園のように整備されており、イベントも良く開催されるようです。

要塞跡で写真を撮影したいという場合には、訪れるのも良いでしょう。

しかし、滞在時間は10分ほどで十分なほどの大きさです。

 

④マゼラン・クロスとサント・ニーニョ教会

マゼランが作った大きな十字架があります。

この十字架には病を治す力があるとされ、地元の人からも親しまれています。

下から十字架を見上げると、建物の背景をバックにした迫力のある十字架を見ることができます。

ここの滞在時間は5分もあれば十分でしょう。

 

すぐ隣にサント・ニーニョ教会がありますので、それと一緒に観光することになります。

かなり歴史が古く、見ごたえのある教会です。

ただし人が多く、イベントがあると写真撮影も禁止されますので、良い写真を撮ろうという人は事前の下調べが欠かせません。

⑤ギター工場

セブと言えばギターの一大産地です。

単純に楽器というだけでなく置物としてのギターも作られており、お土産品として人気が高いです。

そんなギター工場を見学するツアーもあったりします。

工場では実際に木を加工しているところを見学できたり、一風変わったギターと一緒に写真を撮ったりと楽しむことができます。

 

面白いと思ったのはココナッツの実で作るウクレレ、その名も「ココレレ」です。

丸みを帯びた形が、何とも可愛らしい。

お土産品として買いたい人は覗いてみると良いかもしれません。

しかし、ここで買わなくともセブ・シャングリラ内のショップでギターのお土産を買うことができます。

実はそんなに価格的にも変わらなかったです。

どちらも観光客向け価格であることは間違いないですが。

スポンサーリンク

セブ市内の風景はこんな感じ

気になるセブ市内の風景です。

正直言って、お世辞にもきれいとは言えません。

セブ・シャングリラまで行くには、送迎用のバスで移動すると思いますが、次のような風景を見ることになるでしょう。

ここはまだきれいなところですね。

雨が降ってしまった場合は次のような洪水状態を見ることになるでしょう。

天気には十分注意してください。

スポンサーリンク

まとめ

セブ・シャングリラの外に出ようとされている方向けにご説明してきました。ここでまとめてみましょう。

 

  1. セブ・シャングリラの外には出る必要無し。ホテル内を満喫しましょう。
  2. 外には、ラプラプ像トップス展望台サン・ペドロ要塞マゼラン・クロスサント・ニーニョ協会ギター工場などあり。
  3. セブ市内は、汚いところもあるので行く場合は覚悟しましょう。

何度も言いますが、セブ・シャングリラからは出ず、ホテル内を思う存分楽しむ方が後悔の無い旅になると思います。

それでも、自分の目で確かめたいという方は、気を付けてセブ市内の旅に出かけてみてください。

 

以上、しましまでした。

 

コメント