ウェブ会議はどのくらいの通信量・帯域が必要?自宅のインターネット環境が十分かチェック!

Work
スポンサーリンク

リモートワークに置いて、必須のツールといえばウェブ会議です。

コロナ禍で、毎日使っている方も多いのではないでしょうか?

 

そんなウェブ会議ですが、利用中に不便を感じたことは無いでしょうか?

特に映像や音声が乱れてしまうなどの症状が出ていないでしょうか?

 

ウェブ会議は、通信帯域を非常に多く使うアプリケーションです。

あなたの自宅のインターネット環境が貧弱であれば満足にウェブ会議を行うことはできません。

 

この記事を通して、ウェブ会議ではどのくらいの通信帯域を使うのか学びつつ、

あなたの家のインターネット環境はどのくらいのスペックを持っているのかを確かめましょう。

 

スポンサーリンク

ウェブ会議で使用する通信帯域はどのくらいなの?

まずは素朴な疑問から。

ウェブ会議で利用する通信帯域がどのくらいかを調べましょう。

みなさんが普段からおなじみのウェブ会議サービスを始め一般的な情報をまとめたいと思います。

 

Zoomの場合

まずは”Zoom飲み”でもおなじみのZoomです。

多くの方が仕事にもプライベートにも利用していることでしょう。

 

Zoomの通信帯域について、一般的にストレスが無い品質と言われているHD画質(720p)での通信帯域を抜粋し記載します。

 

  • 送信(上り):1.2Mbps
  • 受信(下り):1.2Mbps
  • 合計:2.4Mbps

 

Zoomは独自の品質向上の取り組みを行っているようで、通信帯域が狭い場合でも途切れず会議を継続しやすいという口コミもあります。もちろんその時は720pの品質は出ず、低い解像度での通信に切り替わります。

 

※ちなみに720pの画質とは、横1280ピクセル×縦720ピクセルの解像度のことを言います。これよりも解像度を高くすることもできますが、会話相手の顔を見るには十分すぎる品質です。逆にこれよりも品質を落とした場合、相手の顔は認識できますが一部モザイクがかかったような粗い映像になりがちです。

 

Skypeの場合

かなり古くから根強い人気があるのがSkypeです。

一斉を風靡したウェブ会議サービスで、知らない方はいないでしょう。

こちらもHD画質(720p)での通信帯域を調べると下記のようです。

 

  • 送信(上り):1.2Mbps(推奨1.5Mbps)
  • 受信(下り):1.2Mbps(推奨1.5Mbps)
  • 合計:2.4Mbps(推奨3.0Mbps)

 

こちらは推奨という文字が出てきましたね。実のところSkypeに限らず他のウェブ会議サービスでも、どのくらいの通信帯域が使われるかは解像度だけに依らず、送る映像の中身の複雑さや、フレームレートなどにもよって常に変わります。

特に映像が大きく切り替わるシーンなどであれば、一時的な使用帯域は倍以上に跳ね上がる場合もあります。

よって、多くのウェブ会議サービスでは、”最低帯域”や”推奨帯域”という言葉を利用しながらスペックを説明しています。

 

Skypeの場合は推奨1.5Mbpsという記載もあり、Zoomよりも保険をかけたような言い方になっていますが、それでも最低1.2Mbpsで繋がりますよという説明なので頑張っている方だと思います。

 

Google Meetの場合

最近人気のGoogle Meetの帯域幅も見てみましょう。

こちらも、HD画質(720p)での通信帯域を抜き出しましょう。

 

  • 送信(上り):3.2Mbps
  • 受信(下り):2.6Mbps
  • 合計:5.8Mbps

 

こちらは、かなり弱気な数字になっているように見えますが、先程ご説明したとおり、映像の質によっても利用帯域はかなり変動するので、もし提供側で「画面切り替えのときになるべく乱れないようにユーザーには十分な帯域を用意してほしい」と思っている場合は、上記のような記述になります。

 

実際にZoomやSkypeを、上り下り2Mbpsの通信帯域の環境で利用していたとしても、映像によっては乱れる時は乱れます。その乱れを、いかにユーザーにストレス無いようにカスタマイズするかが、各社ウェブ会議サービスの腕の見せ所なのです。

 

Mycrosoft Teamsの場合

大規模な企業でOffice365を利用されている方は、導入されているケースが多いのではないでしょうか?

チャット機能などとも連携されているので非常に使い勝手が良いのが、Mycrosoft Teamsです。

こちらの、HD画質(720p)での通信帯域は以下のとおりです。

 

  • 送信(上り):1.2Mbps
  • 受信(下り):1.2Mbps
  • 合計:2.4Mbps

 

Zoomと同じ要件で出していますね。

ウェブ会議業界においては、このZoomとMycrosoft Teamsが2トップに君臨するのではないでしょうか?

ただし先述のとおり、映像の質によっては上記帯域でも乱れてしまうときがあるので、各サービスともあくまで参考値として見るようにしましょう。

 

その他のウェブ会議サービスは?

世の中にはご紹介したもの以外にもたくさんのウェブ会議サービスがあります。

しかし、一般的にHD画質(720p)での通信帯域は、最低でも上り下り合わせて2.4Mbps以上は必要になると考えてください。

 

やり取りする映像が切り替えの激しいものである場合は、上り下り合わせて6Mbpsはあったほうが良いでしょう。

 

スポンサーリンク

あなたの自宅の通信環境を確認しましょう。

さて、ウェブ会議を利用する場合に準備したい通信帯域が明らかになってきました。

最低でもZoomやMycrosoftが提唱している次の帯域幅は用意しておきたいですね。

 

  • 送信(上り):1.2Mbps
  • 受信(下り):1.2Mbps
  • 合計:2.4Mbps

 

実は通信帯域は、あなたのPCで簡単に測定することができます。

Google検索で「スピードテスト」と検索していただくだけです。

すると次のような検索結果が出てくるはずです。

 

ここで、「速度テストを実行」ボタンを押してください。

上り・下りの速度を計測してくれます。

ちなみに今の私の環境では次のような結果になりました。

 

マンションの住人と共有している回線で、かつWiFiでのアクセスという帯域幅は狭くなりがちな環境なのですが、夜間に測定したこともあって、ある程度の速度が出ています。

 

これが昼間の時間帯だと、1Mbpsくらいのウェブ会議が安定するかどうかギリギリの帯域になってしまいます。みなさんも実際に利用するタイミングでスピードテストをすることをおすすめします。

 

スポンサーリンク

もし通信帯域が不十分なら

スピードテストの結果があまり良くなかった場合、特に帯域が上り下りともに1Mbpsを下回っていた場合は、Web会議サービスの本領を十分に引き出せていないのではないでしょうか?

 

そのような場合は、インターネット環境の見直しをしましょう。

原因となる要素はいくつかあるため、後日しっかりと記事にまとめようと思いますが、もし回線キャリア・インターネットプロバイダーで迷われている方は、「NURO光」を検討してみてください。

数あるインターネットサービスの中でも「NURO光」は、帯域上限を2Gbpsまで用意しています。※ユーザー環境に依存するため実際に2Gbpsは出ないのでご注意くださいね。

 

まずは利用可能な地域かどうかの確認をしていただくのが良いと思います。

もし利用可能なエリアであれば、キャンペーン等を利用して安価に始めてみましょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

各ウェブ会議サービスが利用する通信帯域を見てきました。

在宅勤務を進めている方は、自宅で準備すべきインターネット環境が見えてきたのでは無いでしょうか?

 

コロナ禍の環境において、ウェブ会議サービスを使いこなすのは、必要不可欠なスキルです。

他の人に遅れを取らないよう、しっかりと準備を進めていきましょう!

 

 

コメント