年下に怒られた。ヘコみ過ぎて自分の価値を疑うあなたに伝えたいこと。

Confidence
スポンサーリンク

みなさんは、年下に怒られた経験はありますか?

 

自分のほうが年上なのに、年下から人前で叱責される。とても惨めな状況ですよね。
悔しい気持ちはありつつも、失敗をしてしまった自分にも落ち度があることをあなたは知っています。

 

言い返したいが言い返すのも大人げないと、ぐっと心の中にしまい込んで、相手の言われるがままに受け入れている。
気づけば、あらゆることを投げ出したいほどに心にダメージをおってしまっている。

そんな状況になっていないでしょうか?

 

今日は、そんなあなたのやり場のない気持ちを和らげる考え方・対処法をご紹介します。

スポンサーリンク

年上を叱責する年下の気持ち

年下が年上を叱る、これはどのような状況でしょうか?

幼い頃から年上を敬うように育てられた人に取っては、信じられない状況ですよね。

まず年上を叱責する年下の気持ちを考えてみましょう。

役割上仕方なく

年下と言えど、あなたよりも高い地位を得てしまっている年下の人がいるかも知れません。

昔に比べ実力主義で、若くてもどんどん出世できる世の中になりつつありますので、そのような状況も少なくないです。

 

あなたを叱責する年下の人は、あなたの上司かもしれませんね。

年下の人は、役割上あなたを叱責するという方法を取っている可能性があります。

幸いにも相手は”年上は敬うべき”という基本的な考えは持っている可能性はあります。

 

一方で若さゆえに上司として成熟していない可能性があります。

少なくともあなたを叱責するタイミングは、人前でなくても良かったはずです。

あなたの自尊心が傷ついたことを彼らは知りません。

 

余裕がない

仕事が忙しい時、深く考える時間が無い時、辛辣な言葉を思わず口に出してしまう年下もいます。

つまり、”全く余裕が無い”状況なのです。

 

余裕のない年下の人にとって、大人の余裕を見せる年上の落ち着いた態度は、時に腹立たしく感じる瞬間があります。

そのような一時的な感情で、叱責されてしまうとは、溜まったものではありませんが、お仕事をしているとこういうケースは結構あるものです。

 

運が悪かった、といえばそうかも知れませんが、心にダメージは蓄積されていきます。

マウンティングしたい

最も注意したいケースです。

礼儀をわきまえていない人間は、年上であるあなたを見下している可能性があります。

 

あなたの声はもう、相手に正しく届いていない可能性があります。

あなたの発言は軽んじられ、馬鹿にされた態度をとられていませんか?

 

残念ながらどこの職場にも一人くらいはこのような人がいるものです。

スポンサーリンク

あなたの対応はどうすべきだったか

真面目な人ほど、あの時どうしていれば良かったのかを考え込んでしまいがちです。

振り返ることは大事ですが、ここではもっと大切なことをお伝えします。

どのように対応していても正解です。

年下に叱責されて、むきになって怒ってしまった人、ぐっとこらえた人、とっさに全面的に認めて謝ってしまった人、みな様々だと思います。

あなたはどのような方法でリアクションを取ったでしょうか?

 

あの時こう返していれば良かったと悔やむ人も多いのですが、結論から言うとどのような対応をしても正解です。

人間ですから、予想外のことや信じられないことに遭遇した時の行動は、その時になってみなければわかりません。

あなたが叱責された時、周りから見てみっともない状態だったかもしれません。それでもあなたのありのままで良いのです。

自分の価値を下げ過ぎないこと

自分は年下に叱られるような人間だ。なんてみっともない人間なんだろう。あの人は年下から尊敬されているのに、私なんて。。。

このように自分の価値を下げ過ぎていないでしょうか?

それは非常に危険な行為です。

 

年下に叱責されたとしても、あなたの価値は下がりません。

叱責されたあなたを見て、他の人があなたの評価を下げたりはしません。

行動に落ち度があったのなら、次回にどうするかのみ反省しましょう。

 

逆にそれ以上の反省は必要ありません。

一度下げてしまった自尊心の回復は、非常に困難です。

まずはあなたの心を守りましょう。

スポンサーリンク

年下に叱責されたあとの対応策

年下に叱責された後、どのように相手と今後付き合っていけば良いか分からない人は多いようです。

相手に叱責されたとはいえ、あなたの自尊心を傷つける行為をそのままにしておくと、あなたの心にダメージが蓄積されていきます。

そのような状態を受け入れていてはいけません。次のような対応をしていきましょう。

立ち向かえる勇気がある方

自分の気持ちを素直に伝えてください。「●●と言われて傷つきました」と。

それで理解のある人はわかってくれます。

 

相手も未熟なのです。叱責した当時は本当に余裕がなかっただけかもしれません。

何が悪かったのか、自分ひとりでは反省できません。

あなたが教えてあげることが相手のためにもなります。

全力で逃げましょう。

すべての人間と分かり合うことなんて無理です。

言葉のナイフを振りかざす人間に対して、理解しようとして立ち向かう必要などありません。

年下の相手が悪意に満ちた人間であるならば、あなたは全力で逃げる必要があります。

 

単純には異動届を出しても良いでしょう。

難しければ、徹底的に無視を決め込みます。

 

「仕事が回らなくなっちゃうよ」などと考えていますか?

あなたが対応をしなければ第2、第3のあなたと同じ経験をする人が現れ、職場が崩壊しますので、断固として逃げるのです。

 

とりあえず今は寝ましょう

悩むことに時間を使うなんてもったいないです。

明日は、きっとよくなります。明後日はもっとよくなります。

根拠が無くていいんです、だってどう思おうと未来を完全に予想しきるなんてできないのですから。

まずは、あなたの心の健康が何より大切です。

ゆっくりと休憩を取ってから考えても、まだまだ間に合います。

スポンサーリンク

まとめ

年下に叱責されたときの対処法を見てきました。

まとめてみましょう。

まずは、叱責してくる年下の気持ちはこのようなものでした。

 

  • 立場上仕方なく
  • 余裕が無い
  • マウンティングしたい

 

次に、あなたがどのように対処すればよかったかについてです。

 

  • どのように対応しても正解です
  • 自分の価値を下げすぎないこと

 

最後に、叱責を受けた後の対処法です。

 

  • 直接相手に伝える
  • 全力で逃げる
  • まずは寝ましょう

 

年下の人間に叱責されると、とんでも無い衝撃が走ります。

そして自分自身が惨めで情けなく思ってしまう人も多いです。

 

でもまずはあなたの心の健康が何よりも大切です。

適切に対処して、自分自身を守りましょう。

コメント