【miroの使い方】誰が作成した付箋か分からない時に後から確認する方法

Gadget
スポンサーリンク

この記事では次のような課題を持った方のために、miroの使い方の解説をしていきます。

  • miroを利用してグループワークをしたが、誰が作った付箋か分からず困っている

それでは早速対処法を見ていきましょう。

スポンサーリンク

付箋やその他のオブジェクトの作成者を確認する方法

miroではすべての付箋やオブジェクトの作成者が記録されています。

その記録を確認すれば、後からでも作成者をたどることができます。

 

手順としては、次のようになります。

  1. 作成者が知りたいオブジェクトを右クリックする
  2. 「Info」を選択する

 

たったこれだけのステップで作成者を確認することができます。

なお、見方は次のようになります。

  • 「Created by」:最初に作成した人
  • 「Last modified by」:最後に編集した人
スポンサーリンク

導線は他にもあります。

右クリックから確認する最短の方法をお教えしましたが、オブジェクトを選択すると出てくるメニューから普通に「Info」までたどることができます。

次の図を参考にしてください。メニューの中の一番右「…(more)」からたどります。

これでもう誰が残したメモなのか、迷うことはありませんね。

コメント

  1. […] 【miroの使い方】誰が作成した付箋か分からない時に後から確認する方法こ… スポンサーリンク […]