経営資本とは?なぜ建設仮勘定を引く必要があるのかを解説

Work
スポンサーリンク

経営分析を学ぶ際に「経営資本」という言葉を耳にすることが多いでしょう。しかし、この経営資本を計算する際に「建設仮勘定」を引く必要がある理由を理解することは、経営分析の基礎をしっかりと身につける上で重要です。本記事では、経営資本の定義や建設仮勘定を引く理由について詳しく解説します。

1. 経営資本とは?

経営資本(Operating Capital)は、企業が日常の業務を運営するために利用できる資本のことを指します。具体的には、以下のような資産が含まれます。

  • 運転資本(Working Capital): 現金、売掛金、在庫など、短期間で運用される資産。
  • 固定資産(Fixed Assets): 建物や機械設備など、長期間にわたって使用される資産。

経営資本は、企業の生産活動や営業活動に直接利用されるため、企業の収益に大きな影響を与えます。

2. 建設仮勘定とは?

建設仮勘定(Construction in Progress)は、まだ完成していない建物や設備などの資産を表します。例えば、新しい工場やオフィスビルの建設費用がこれに該当します。これらの資産はまだ運用に供されていないため、企業の収益に直結しません。

3. なぜ建設仮勘定を経営資本から引くのか?

経営資本を計算する際に、建設仮勘定を引く必要がある理由は次の通りです。

未完成の資産

建設仮勘定は未完成の資産を表しており、これらはまだ企業の生産活動や営業活動に利用できません。経営資本は実際に運用可能な資本を評価するものですので、完成していない資産を含めるのは適切ではありません。

正確な資本評価

経営資本には、実際に稼働している資産が含まれます。これにより、企業がどれだけ効率的に資本を運用しているかを正確に判断することができます。未完成の資産を除外することで、企業の運用可能な資本の正確な評価が可能となります。

資金効率の判断

企業の資本運用の効率を評価するためには、実際に運用できる資産のみを対象とすることが重要です。これにより、資本効率をより正確に把握し、経営判断に役立てることができます。

まとめ

経営資本の計算において建設仮勘定を引く理由は、企業の実際の運用資本を正確に反映するためです。これにより、企業の資本効率や運用状況をより現実的に評価することができます。経営分析を学ぶ際には、これらの基礎をしっかりと理解し、企業の財務状況を正確に把握することが重要です。

この知識を活用して、より効果的な経営分析を行いましょう。

コメント